Top
視度補正




ローライを買ってフィルム何本か撮ってみて、私は思った。
む、難ぢぃ・・・。
ピントが合わせにくい。つか、全然分からん。

高いお金出して、とんだぼんくら息子を雇っちまったもんだ!
と内心焦りつつ。。。
これはあれかね?
スローなカメラだから、ピントもおおよそであわせて ゆるゆるに撮って楽しめばいいカメラ
なのかね?きっとそうだね?
みんなテキトーに撮ってるのだよね?ね?
勝手にそう結論づけて、ファインダーでは構図だけ決めてピント距離目測。
そんな使い方をしてきました。何ヶ月も。はい。

で!!!!
視度補正レンズってのがあるのを、ふと思い出しました(汗)
そうか・・・そうだった・・・
私には見えてなかったんだファインダー
ぼけぼけのまま、よくもあんなにガシャガシャ撮っていたもんだ。
私はコンタクトレンズを使っているのだけど、あえて矯正視力は弱めに設定してたんだった。

F6は視度調節が内蔵されている。
つまみで簡単に調節でき、それを最初に設定したままだったので自分の視度について
すっかり忘れていた。
レンジファインダーは、二重像を重ね合わせるからそれ程不自由に感じていなかったのだ。

D70のファインダーを「見にくい!」「ピント山が分からん!」 「あんなの使えない」とまで
ボロカスに言っていた私。
D70のせいじゃなくって、私の眼が悪かったからだわ。
ごめんD70。
でもやっぱり君のファインダーは0.75倍だからちょっとね(笑)

Flickrで評判が良かったこの写真。
何事も結果オーライでまとめたくなる私なので「どこ狙って撮ったか思い出せんけど
これはこれでいいぢゃん?これ好き。」

と自分に超甘い判定を下してアップしたのですが、そう思って見ればピント位置
すごい手前だもんね。

早速視度補正レンズを注文しました。
これでやっとローライで開放も楽しめます。
[PR]
Top▲ | by fufufun | 2007-01-24 23:55

<< Bunさんの写真展 | TOP |